目次

様々なビジネスシーンでの利用が可能です

コンテナ

物品の保管や搬送用として最も利用されているコンテナですが、現在では用途に応じて内外装の工事や設備の設置工事を施すことで、多種多様な用途に向けて販売されております。よく目にするのは物置用のスペースとして、コンテナが利用したサービスが提供されているレンタル倉庫ではないでしょうか。その他にもコンテナが利用されている場面がいくつもあるので、ここではそのうちのいくつかについて、ご紹介したいと思います。

目的に応じた設備に改造も可能です

倉庫

一般的に、販売するコンテナの用途では、常温で保存が可能な品物などを保管するドライコンテナですが、当初は単なる物置としての提供が多かったようです。しかし、現在は徐々に用途を広げてゆき、家庭や店舗などでも様々な活用がされるようになりました。さらに、コンテナを改造し、冷蔵・冷凍用設備を設けたリーファーコンテナ、エアコンを設置して店舗やオフィスとしても利用が出来るエアレーションコンテナが登場しております。

広告募集中